環境の変化

リコネクティブ・ヒーリングをどうやって知ったのかいまだに思い出せないのですが(というかこれを受けるまでの経緯がよく思い出せないのです。そんなことあるのでしょうかね?)、とにかく森さんのヒーリングを受けることになりました。

値段も結構するし(スミマセン)、なんにもなかったらどうしようと思っていたのが本当のところです。私は当時、会社でいわゆるパワハラを受けており、大げさかもしれませんが生きるか死ぬかの瀬戸際でした。直属の上司からの嫌がらせで仕事がどんどん増えていき、深夜まで残業をしても片付きませんでした。しかも超過勤務許可書に判を押してくれないので、すべてサービス残業になっていました。その上司のさらに上の上司に話をしたところ、それがバレて風当たりがもっとひどくなっていました。なにがあったのか同期の同僚も声をかけてくれなくなり、もう会社を辞めて別のことを始めた方が良いのではないかと思っていました。ただ、もともと負けず嫌いの性格なのでこのまま辞めてしまうのはいやだと思ってなんとかしがみついているような状態でした。まだ、20代なのに前髪が白髪になって、顔に吹き出物がたくさんありました。4つになる子供がいるのですが、その子に当たり、突き飛ばしそうになる自分を見つけて怖くなることがありました。

リコネクティブ・ヒーリングを受ける時間もどうやって作ったのかわらないのですが、あの日の午後に受けました。疲れて眠ってしまったようで、森さんがはじめに、体験を観察してみて、と言ったのは憶えていますがあとのことは判りません。そしてヒーリングのあいだ夢のようなものをみていたような気がします。虹のような光と銀色の光が沢山見えて、いろんな幾何学的な形がクルクル回っていました。そして、その夢の中でだれかが話しかけてきました。森さんにはそのことを言っていませんでしたが、それはわざと言わなかったではなく、あのときは忘れていたのです。変な話ですが、あとから思い出しました。

ヒーリングを受けてから1週間がすぎたころ、もう辞職願も書いてそろそろ出そうかと思っていたころ、その上司が転勤になりました(経緯は色々ありますが省略します)。新しい上司はいままでのことを判ってくれていたのか、なにかにつけて気遣ってくれる本当に良い方です。これまでの悩みが一瞬でなくなったように感じました。

これがリコネクティブ・ヒーリングなのか、と思いました。それから徐々にですが、吹き出物が無くなり、髪も黒く戻りつつあります。まだ、以前の上司の記憶があってときどき苦しくなることもあるのですが、これももうすぐ無くなるのではないか期待しています。いや期待してはいけないのでしたね。このままでいたいと思います。

リコネクティブ・ヒーリングは1回だけでしたが、もう少し、受けてみようと思っています。また、連絡します。それとリコネクションが待ち遠しいです(夏か冬のボーナスで)。

森さんとリコネクティブ周波数に本当に本当に感謝です。
(対面リコネクティブ・ヒーリング 20代 男性)

広告

クローン病

息子がクローン病と診断されたのは半年前で、最初は下痢の症状でした。最初は近所の病院に通っていたのですが、一向によくならず、次第に強い腹痛に襲われるようになっていきました。何を食べても下痢をするようになり、体重が4㎏も落ちてきてからやっと総合病院(匿名)で診てもらってクローン病とわかりました。

いまは良い薬があるからと言われましたが、自分がこれまで息子になにを食べさせていたんだろう、ととても悩みました。この病気の原因は良く解ってはいないとは言われましたが、息子は野菜嫌いで肉ばかり食べており、私も大きくなったらそのうち野菜も食べるだろうぐらいの気持ちでなにもして来なかったことをとても悔やみました。エレンタールと食事管理でなんとか安定はして、少しは体重が戻ってきたのですが、これから食べ物のことでいろんなやりたいことも制限される息子の人生を考えると不安でどうしようもありませんでした。

東京の知人で潰瘍性大腸炎がリコネクティブ・ヒーリングで治った、という話を聞き、もしかしたらという思いで受けてさせることにしました。

森さんは病気の話はなにも聞こうとせず、まずヒーリングを行って頂きました。同席はしないで欲しいということなのでヒーリング中のことはわかりません。ヒーリングが終わって病気についてはそのとき初めてお話ししたのですが、私の周りの人でこの病気を知っている人はいなかったのですが、森さんはこの病気ことを詳しく知っており、驚きました。医師と話しているような感じを受けました。それでいて包み込むようなあたたかい人柄でずっと話をしたいように感じました。

その後、息子の体調は徐々にですが良くなってきています。まだ、病院には定期的に通っていて普通の食事に戻れるのかどうかはまだ判りませんが、少なくとも体重(というか体格といったらよいのか)はもとに戻ったように感じております。担当の医師もかなり改善している、と言っています。そしてなにより驚いたのは息子の性格が前より明るくなったということです。自分の子供ながら前はこんなじゃなかったような気がしています。もちろん良い意味でです。

森さんの話だと3という数字が重要だということなので3年目に完治してくれたらと思っています。

(対面リコネクティブ・ヒーリング 息子さん中学2年生)

強いエネルギーの存在

いままでレイキを含めてこの分野のエネルギーワークについては結構詳しいつもりではいましたが、森さんのセッションを受けて驚きました。セッションを始めてすぐにかなり強いエネルギーで全身が包まれ、不覚にもあっという間に眠ってしまいました。

ですので、セッションが終わってもなにが起きていたのか判らなかったので寝ぼけた感じでそこを後にしました。しかし、その夜から手足が熱くなってしびれたような感覚がずっと続いています。それは決して不快ではなく、むしろ消えないで欲しいような感覚です。

これはレイキなどで感じていたようなものとは違って、繊細な感じがせず、とても強力な感じです。私にとってヒーリングを受けるのは趣味のようなものです。実はその後、他のサロンのリコネクティブ・ヒーリングも受けました。しかし、森さんのようなエネルギーは感じませんでした。今後、リコネクションも受けてみたいと思っています。本当にありがとうございました。
(対面リコネクティブ・ヒーリング 50代 男性)

全身の骨が溶ける病

(英文からの翻訳)わたしの病気は全身の骨が溶ける免疫系のものです。当時はかなり悪化していて車いすを利用していました。痛みも全身に広がっていてなにをしていても痛みがありました。貴浩さんを知ったのはアメリカの友人からでした。貴浩さんに最初にメールを送ったときからヒーリングが起きました。遠隔ヒーリングということで貴浩さんがすぐにヒーリングを始めたのだと思いましたが、あとから聞くとヒーリングはもっとあとでおこなった、という話でした。ただ、わたしの背骨の中にあった痛みはそのときに消えました。奇跡だと思いました。コンタクトをとったとたんにヒーリングが起きたことは確かです。貴浩さんとはその後、メールをやりとりしてスピリチュアルな意図について話し合いました。貴浩さんに意図の重要性を実感させられたように思います。それから半年後、いまは車いすも使わず、普通に歩けるようになっています。
(遠隔ヒーリング クロアチア ザグラブ在住 40代女性)

うつからの脱出

私のうつは人生においてなんども現れています。最初は高校3年の時から5年間、20代後半から6年間、30代終わりからこれまでです。少し、良くなることもあったのですが、ささいな(周りの人からみれば)ことが引き金ですぐにもとの状態に戻ってしまいました。長い間、抗うつ薬を飲んでいたせいか、薬を減らしていくようにするとめまいなどの離脱症状が現れました。それでいつもソラナックスと安定剤はお守りのようにいつでも持ち歩いていました。病院で処方される薬もいろいろと理由をつけては多めにもらうようにし、それをため込んではそのことで安心していました。もう、ずっとうつとつきあっていくものと諦めていました。

森さんを紹介されて、リコネクティブ・ヒーリングを半信半疑で受けました。当時はうつがひどくて家から出たくなかったので遠隔でお願いしました。ヒーリングのあいだはベッドで寝て受けたのですが、ちょっと手が動いたような気がしましたがなにも感じませんでした。

ただ、その日の夜、いつもは睡眠導入剤を飲まないと眠れないのですが、飲むのを忘れて寝ていました。そして次の日、いつもは昼ぐらいまで寝ていることもあるのですがその日の目覚めはものすごくすっきりして朝7時に起きることができました。
これ自体私にとっては驚異的なことなのですが、それからは時間が加速したような感じになって、なんでもできるような気になってきました。周りが明るいのです。これまでと同じ景色のはずなのに全く違ったものに見えました。

そしてこの私がなんと薬を手放す決心をしたのです。なぜか手放せると確信できたのです。それから3週間薬を手放すための苦しい期間がありました。毎晩、本当に睡眠導入剤なしで眠れるかどうかものすごく不安になりました。でも眠れました。そしていままで持ち歩いていた薬とため込んでいた薬を捨てました。捨てるときはちょっとためらいましたが、なぜか今捨てる必要があるとだれかが言っているような気がするのです。リコネクティブ・ヒーリングを受けてからずっとなのですが、なにか大きな存在が私の周りにいていつも見守ってくれているような気がしています。そしてそのことで安心しているのです。

ときどきなにか嫌な考えが浮かんでくることもあり、それがきっかけでうつに入る前の状態になることもあるのですが、そうするとまた、別の明るい考えが割り込んできて、そこで深呼吸するとうつに入らずにすみます。これまではなかったことです。

この大いなる存在に引き合わせてくれた森さんに心から感謝しています。お礼が遅くなってすみませんでした。
(遠隔リコネクティブ・ヒーリング 40代女性)